ZEH住宅への取り組み

HOME > ZEH住宅への取り組み
ZEH住宅への取り組み

政府は、2020年までに、省エネルギー性能基準を満たす住宅を
標準的な住宅にすることを 目標にしています。
つまり、2020年以降は基準に満たない住宅を建てることができなくなります。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

外皮の断熱性能の大幅な向上と、高効率な設備・システムの導入により、
室内環境の室を維持しつつ大幅な省エネを実現(省エネ基準比20%以上)。
その上で、再エネを導入して、年間の一次エネルギーの収支をゼロとすることを目指した住宅を
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)といいます。

省エネ効果の高い
照明・空調設備・給湯
換気システムでCo2の排出を抑える

太陽光発電。蓄電池で
エネルギーを過程で
消費・電力会社へ売電

高気密で高断熱で
夏は涼しく冬は暖かく
エネルギー効率を高める

・温度差がなく快適に過ごせる
・自家発電で光熱費を抑えられる
・災害時の停電の影響を受けにくい

ZEH普及目標・事績

2016年度
2017年度
2018年度
2019年度
2020年度
実 績 ZEH普及目標
0% 0% 0% 40% 50%

水木工務店は、ZEHビルダー登録をしています。


水木工務店はこれまでも『高気密高断熱』に非常に優れた快適な住まいづくりに努めて参りました。
今後も、さらなる普及を目標として省エネ勉強会、
外皮計算の講習などに参加し、知識・技術の向上を目指し、
2020年までにZEH受注の割合が50%以上になるように努めてまいります。